健康 美肌 夜

美肌と健康のためには「午後22時から翌午前2時」に就寝しよう

健康的でプルプルした美肌は質の高い睡眠から生まれるもの。睡眠不足が続くと、わかりやすいほどお肌にその影響があらわれてきますよね。

 

成長ホルモンの分泌が盛んになる午後22時から翌午前2時に眠ると、細胞に栄養素が行き渡り、お肌のダメージを修復していくのです。美肌は夜つくられるといってもいいでしょう。

 

人間の体は自律神経系が支配していますが、これには血液の循環や呼吸・消化の活動を司る交感神経と体の休息を制御している副交感神経の2種類あります。

 

日中は交感神経が活動し、夜は副交感神経が活性化するというのが自律神経のバランスがとれている状態なんですね。

 

不規則な生活などでこのバランスが崩れてしまうと十分な睡眠がとれなくなり、ホルモン分泌の低下、および代謝機能の低下を招くのです。つまり肌トラブルの原因となるわけですね。

 

太陽が出ている時間帯は交感神経の独壇場です。昼寝で寝不足を取り戻そうとしてもお肌はきれいになりません。

 

お仕事の関係で、夜22時から翌午前2時に眠るのが困難な方もいるかもしれませんが、できるだけ心地よい環境を整えて、安眠できるようにしましょう。

page top