お酒 タバコ 美肌

美肌と嗜好品(お酒・タバコ)の関係について

嗜好品の代表選手が「お酒」と「タバコ」ですよね。

 

適度な飲酒は美肌効果が期待できます。

 

適量を飲むことで血行を促し、ハリのある艶やかな美肌を作るのです。

 

お酒にもいろいろありますが、美容のためにおすすめなのがワインです。

 

ワインに含まれるポリフェノールは、悪玉コレステロールをおさえながら、善玉コレステロールを増やしていき、生活習慣病の予防効果もバツグン。

 

ただし、アルコールは吸収されて分解されるのにとても時間がかかります。

 

夜眠る前に飲むと、睡眠中も肝臓は働き続けることになり、肝臓障害を引き起こす可能性もでてくるのです。

 

また、カロリーは低いとはいえないので、就寝前に飲むと脂肪がつきにくくなるでしょう。

 

美肌のためにお酒を飲むのであれば、就寝6時間前に適量をたしなむのが理想的です。

 

 

タバコに関しては美肌にも健康にも百害あって一利もありません。

 

ニコチンは体の酸化を進行させるので、体の老化、フケ顔の原因ともなるのです。

 

どうしてもタバコをやめられない人は、ニコチンを肝臓のアミノ酸で解毒して、早く対外へ排出する働きを高めましょう。

 

黒酢の91倍ものアミノ酸を含んでいるすっぽんサプリメントはとくにおすすめです。

 

さらにビタミンCやE、緑黄色野菜に含まれるβカロテンやトマトのリコピンもタバコの毒素を消す作用があります。

 

美肌を損なう喫煙の習慣は、早めに卒業されることをおすすめします。

page top