肌に良い食べ物 たまご肌

食べるだけで肌にいいって本当?肌が綺麗になる食べ物とは?

あなたは、食べるだけでお肌が綺麗になる食べ物があることをご存知ですか?

 

私たちは、毎日の食事から体の維持に必要な栄養を補給しています。

 

お肌も体の一部ですから、食べ物からの栄養分で日々、作り変えられているんですね。

 

だから、お肌に良い栄養素がたくさん含まれている食べ物を食べると、体の中から綺麗なお肌を作ることができるんです。

 

美味しく食べて、つるんとしたたまご肌が手に入るなんて、最高だと思いませんか?

 

そこで今回は、お肌にいい食べ物を3つ、ご紹介します。

 

動物性タンパク質

 

まず、一番最初にオススメしたいのが、お肉やお魚などの動物性タンパク質です。

 

タンパク質はお肌を作る材料。

 

タンパク質が足りなくなると、お肌以外にも髪や爪にまで悪影響が出てきます。

 

だから、何が何でも、しっかり摂っておきたいのが、タンパク質なんですね。

 

最近、動物性のタンパク質はあまり体に良くないので、大豆など、植物性のタンパク質を摂るようにしましょう、という話をよく聞きます。

 

しかし、大豆や豆腐などに含まれるタンパク質は、同じ量の肉や魚に含まれるタンパク質よりも少ないのです。

 

だから、植物性の原料から、肉や魚と同じ量のタンパク質を摂ろうとすると、たくさん食べる必要があります。

 

たとえば、お肉100グラムに含まれるのと同じ量のタンパク質を豆腐で摂取しようとすると、何と、豆腐を2丁も食べる必要があるのです。

 

これを毎日続けるのは、正直なところ、厳しいですよね。

 

動物性タンパク質が、体に良くないと言われているのは、同時に摂取する脂肪分が高いことが原因。

 

なので、できるだけ低脂肪の部位を選んで食べるようにしましょう。

 

お肉なら鶏のささみや豚の赤身、お魚なら、白身魚などがおすすめです。

 

美容への意識が高い女性ほど、足りない傾向があるのがタンパク質。

 

ぜひ、意識して摂るようにしてみてくださいね。

 

アボカド

 

そして、次に食べてほしいのが、アボカド。

 

アボカドの美肌効果はかなり有名ですよね。

 

アボカドにはビタミンCがたっぷり。

 

だから、お肌のハリや弾力アップも期待できますし、シミやそばかすの予防にも効果的です。

 

他にもビタミンEやビタミンB群など、多くの栄養がバランス良く含まれている理想的な食品です。

 

オレイン酸やリノール酸など、体に良い脂肪分も効果的に摂取することができます。

 

また、アボカドに並び、お肌に良いことで有名なのが・・・

 

アーモンド

 

アーモンドには、タンパク質の糖化を防ぐ効果があることがわかっています。

 

糖化とは、タンパク質と糖が体の中で結合し、劣化したタンパク質になってしまうこと。

 

酸化などと同じで、体全体に良くない影響があるのですが、お肌の面では特に、しわやたるみの原因になると言われています。

 

つまり、アーモンドを食べるとしわやたるみを防ぐ効果があるということ。

 

その他にも、ビタミンEやオレイン酸が豊富で、お肌の潤いを保つ効果もあるんですよ。

 

日焼けなどでお肌のダメージが気になる季節。

 

お肌に良い食べ物をしっかり食べて、体の中から美肌をキープしましょうね。

 

体の中からたまご肌を作るだけでは物足りないというあなたには…

食事にも気を付けるけど、毎日のスキンケアでもたまご肌に近づけるようなお手入れがしたい!

 

というあなたにピッタリなのが、健康家族の「ランリッチしっとりソープ」。

 

ランリッチしっとりソープは、アミノ酸たっぷりの卵白と、天然由来の保湿成分がたっぷり。

 

汚れはしっかり落としながら、つっぱらず、潤いをキープした洗い上がりで気持ち良く使える洗顔石けんです。

 

まるでメレンゲのようなふわふわで軽い泡でマッサージするように洗うだけで、しっかり汚れが取れるのは、泡立ちと洗浄力にこだわった「ハイセレクティブ製法」で作られているから。

 

卵白酵素によるトリートメント効果もあるから、朝晩2回の洗顔だけで、やわらかくもっちりとしたむきたまごのようなお肌が手に入ります。

 

矢印 ランリッチしっとりソープで洗顔しながらたまご肌をゲット!

page top