お肌の曲がり角

ご存知ですか?お肌の「第二の曲がり角」

女性は25歳頃から「お肌の曲がり角」を迎える、というのは有名な話ですよね。

 

お肌が一番きれいな20歳前後を過ぎた頃から、肌荒れや乾燥など、ちょっとしたトラブルを感じることが増えるのが、この、「お肌の曲がり角」。

 

女性ホルモンがしっかりと働くピークを過ぎて、少しずつ後退を始めることが原因なんです。

 

女性ホルモンの働きが衰えていくことで、お肌の皮脂と水分量のバランスが崩れることが、肌トラブルが増える原因なんですね。

 

でも実は、この「お肌の曲がり角」とは別に、女性にはあともう一度、お肌の「第二の曲がり角」があることをご存知でしょうか?

 

気になるお肌の「第二の曲がり角」はいつ来るの?

お肌の「第二の曲がり角」、それは35歳前後に訪れます。

 

アラフォーと呼ばれる年代にさしかかった頃です。

 

一つ目の「お肌の曲がり角」、皮脂と水分のバランスの崩れを徹底保湿で乗り切った人も、「今のお手入れではどうも足りないような気がする・・・」と感じ始めるのが、この、第二の曲がり角なんですね。

 

では、この「第二の曲がり角」の原因って、一体何なんでしょうか。

 

それは、コラーゲンが減ってしまうことなんです。

 

人間の体は、35歳前後になるとコラーゲンの量が急激に減少することが明らかになっています。

 

コラーゲンはお肌のハリを作る大切な成分。

 

このコラーゲンが急激に減ってしまうことで、以前のようなハリが感じられなくなってしまうのが、これまでのお手入れでは物足りないと感じる原因なんですね。

 

それ以外にも、体全体の新陳代謝が衰えだしたり、お肌のバリア機能が弱まったりと、あらゆる面で衰えを感じ始めるのがこの時期。

 

化粧品などで外側からお手入れしても、その成分が肌の奥まで届きにくかったり、吸収してからお肌が作り変わるまでに時間がかかってしまうんです。

 

だから、第二の曲がり角にさしかかったときの化粧品選びは、お肌に届きやすい成分や、お肌のターンオーバーをサポートしてくれる成分が含まれているかがとっても大切になってきます。

 

エイジングケア商品などを使い始めるなら、この、第二の曲がり角を目安にすると良いかもしれませんね。

page top