夏 乾燥肌

あなたは大丈夫?夏の「隠れ乾燥肌」徹底対策

夏は湿度が高く、それに伴いお肌がベタベタ、テカテカで化粧崩れが気になる季節。

 

できるだけ化粧が崩れないように、ウォータープルーフ機能などの化粧品を使う方も多いのですが、実は本当に注意しないといけないのは「隠れ乾燥」。

 

表面はベタベタしていても、肌の奥はカラカラに乾いてしまっている可能性も。

 

今回は、夏の隠れ乾燥肌の対策法をご紹介します。

 

夏の隠れ乾燥肌の原因は?

夏の隠れ乾燥肌の一番の原因は「冷房による乾燥」。

 

外に出て汗をかき、その汗が室内の冷房で乾燥する・・・表面が湿っているほど、乾燥するときに水分が奪われやすい状態になってしまうため、肌が乾燥しやすくなります。

 

さらに、夏は紫外線による肌ダメージが大きい時期。日焼け止めの刺激などにより、他の季節よりも肌のバリア機能が低下しやすい季節です。

 

そんな時期に暑さ、寒さにさらされたお肌は水分をキープしにくい状態。肌の奥に水分をしっかりととどめておくことができなくなってしまっているのです。

 

水分がキープできない状態が続くと、肌の奥からどんどん乾燥してしまう「隠れ乾燥肌」になる、という訳です。

 

隠れ乾燥肌対策に良いスキンケアとは?

夏の乾燥肌対策で一番気を付けたいのが「洗顔」。

 

ベタつくのが気になってついついしっかり洗顔してしまいがちですが、洗いすぎると肌に必要な油分まで洗い流してしまい、肌内部の乾燥がより進行してしまう原因にもなります。

 

夏の洗顔料は、一度でさっぱり洗えるタイプのものを選ぶのがお勧め。

 

何度も洗いたい場合は、水だけ、ぬるま湯だけ洗顔にすると良いでしょう。

 

洗顔後の水分補給もいつもよりたっぷり、丁寧に行う必要があります。

 

化粧水は何回か重ねて、肌の奥まで水分と保湿成分をしっかり浸透させましょう。

 

化粧水の重ねづけがベタベタして嫌だという方には、カーマインローションなど引き締め系の化粧水を使うのもお勧め。

 

毛穴が開いていたり、日焼けのヒリヒリがあるときにも効果的です。

 

時間をかけて手で浸透させるのも良いですが、コットンでのパッティングも取り入れるとよりベター。

 

そして肌に潤いを与えた後は、油分でフタをしておくのがマスト。

 

夏だしベタっとするのが気になるという方もいますが、肌表面のバリア機能が落ちた状態だと、せっかく補給した水分があっという間に蒸発してしまいます。

 

気になる方は本当にうっすらとでも構わないので、クリームを乗せておきましょう。

 

 

 

自分でも気付かないうちに、肌の奥からカサカサになってしまっている夏の隠れ乾燥肌。

 

水分補給と肌バリアを助けてあげることが何より大切なケアになってきます。

 

いつでもツルンとした美肌をキープできるよう、日頃のスキンケアに取り入れてみてくださいね。

page top