夏 乾燥肌

自宅にあるものでお手軽スクラブ!粗塩を活用しよう

生理前や生理が終わった後など、何となく肌のざらつきが気になることはありませんか?

 

1〜2週間に一度、ピーリングやスクラブなどの洗顔料を使ってスッキリしているという方も多いかもしれません。

 

ですが、毎日使う訳ではない洗顔料を増やすのは面倒だしコストもかかりますよね。

 

そこで今回は、自宅にある「粗塩」を使って、お手軽にスクラブする方法をご紹介します。

 

粗塩は天然のスクラブ洗顔料

精製されたきめ細かい塩ではなく、粒を感じる粗塩には、肌表面の角質を取り除き、つるつるにしてくれる天然のスクラブ効果があります。

 

海水浴の後、お肌がつるつるになった感じがしたということはありませんか?

 

これは海水に含まれる塩分の効果です。

 

その他にも、美肌効果で有名な温泉には塩分が含まれることが多いのですが、これも角質を取り除いてくれる効果から「美肌」が謳われていることがその理由です。

とっても簡単!粗塩スクラブの使い方

粗塩スクラブの方法はとっても簡単。

 

お風呂に入るときに粗塩をバスルームに持ち込みます。

 

お風呂の入り方は普段通りでOK。

 

湯船につかったり、シャワーを浴びて体をしっかり温め、毛穴が開いた状態を作ります。

 

体が温まったのを確認してから、粗塩を適量手に取り、顔をなでるようにマッサージします。

 

刺激が強いので、あまりゴシゴシ力を入れずに、そっとマッサージするのがコツ。

 

ザラザラが気になっている部分を意識してマッサージしましょう。

 

肌表面の皮脂と馴染んで、粒感を感じなくなったら洗い流せば完了。

 

粗塩スクラブで余分な角質が取れ、つるつるすべすべのお肌になります。

 

粗塩スクラブは顔だけでなく、全身に使うことができます。

 

背中のざらつきやかかとの角質取りにも効果的なので、気になる方は全身スクラブしてみるのもお勧めです。

粗塩スクラブの注意点

スクラブ専用に作られた洗顔料と違って、粗塩は「塩」なので、傷や肌荒れがある部分に使うととってもしみます。

 

痛みを感じたり、腫れてしまったりすることもあるため、傷や肌荒れがある場合は粗塩の使用を避けてください。

 

 

自宅にある粗塩でこんなにも簡単にスクラブ効果が得られることをご存知でしたか?

 

まだ試したことのない方は、ぜひ一度、実際に体験してみてくださいね。

page top