肌のざらつき 対策

気になる肌のざらつきケア徹底対策

美肌というと見た目の美しさが真っ先に思い浮かびますが、毎日肌に触れる自分が「ツルツルで気持ちいい!」と感じられることも大切ですよね。

 

そのときに影響してくるのが「肌のざらつき」。

 

いくら見た目がキレイでも、自分で触ってみて「何だかざらっとしているな」と感じると、気分も上がりませんよね。

 

そこで今回は、お肌のざらつきの原因とその対策法をご紹介します。

 

ざらつきの主な原因は「お肌の角栓」

小鼻パックなどで取り除く人も多い「お肌の角栓」は、ざらつきの大きな原因。

 

毛穴に溜まった皮脂や汚れが角栓になり、お肌の手触りが悪くなってしまうんですね。

 

では、角栓をパックやピーリングで取り除けば良いのかというと、実はそうではありません。

 

角栓ができる本当の原因は、角栓ができてしまうほど毛穴が開いていること。

 

毛穴の開きをケアしないことには、角栓を防ぐことはできないんですね。

 

そこでぜひ取り組んでほしいのが「保湿」です。

 

毛穴が開いてしまうのは、お肌が乾燥して引っ張られてしまうことが原因。

 

ですから、毛穴の開きを抑えるために、しっかりと保湿することが何よりも重要になってくるんですね。

 

お肌のキメの乱れもざらつきの原因に

角栓対策をすることで毛穴の開きも抑えられ、お肌はかなりスベスベの状態に近づきます。

 

それでもお肌の場所によって、キメが細かかったりそれほどでもなかったりとムラがあるなと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

手触りの良いお肌を手に入れるためには「キメを整える」ことも大切になってきます。

 

お肌のキメが乱れてしまうのは、肌表面にダメージを受けてしまっているのが原因。

 

ダメージの大きい部分の角質層が剥がれ落ち、まだ未熟な状態の角質が肌の内部から押し上げられてしまうことで肌の場所によるキメの違いが出てきてしまいます。

 

角質層を整えるには、肌表面に受けるダメージをできるだけ減らすこと。

 

乾燥を防ぐのはもちろんのこと、紫外線対策をしたり、スキンケア化粧品を肌にやさしいものにしたりするのが効果的です。

 

できるだけ肌への刺激を少なくして、肌本来の力を取り戻すサポートをすることが大切です。

 

 

 

お肌のざらつきの原因と、その対策法はご理解いただけたでしょうか?

 

ぜひ、今回ご紹介した方法で、自分が触って気持ち良い「美肌」を手に入れてくださいね。

page top