夏 インナードライ肌 ケア

夏の大敵!インナードライ肌徹底ケア特集

夏になると汗をかくし、顔全体がテカって気になる・・・と、皮脂を取るのに必死になってはいませんか?

 

実はその症状、どれだけ皮脂を取っても解決しないどころか、皮脂をオフするたびに、よりテカテカのお肌になってしまいます。

 

その原因が今回ご紹介する「インナードライ肌」。

 

今回はインナードライ肌とその対策法についてご紹介します。

 

インナードライ肌ってどんな状態のこと?

インナードライ肌とはその名の通り、内側が乾燥してしまった状態のお肌のこと。

 

内側が乾燥してしまっているため、お肌はこれ以上乾燥させないようにと一生懸命皮脂を分泌します。

 

その結果、皮脂で顔がテカテカになったり、過剰な皮脂が原因の吹き出物が顔中にできてしまったりするんですね。

 

この皮脂は「これ以上お肌を乾燥させないぞ!」と頑張って分泌されているため、皮脂を取れば取るほど「お肌を守るぞ!」と、より一層皮脂の分泌が促進されてしまいます。

 

皮脂を取ることは、インナードライを改善するためには逆効果になってしまう、という訳です。

 

中から潤う!インナードライ肌のお手入れ法

では、インナードライ肌を根本的に改善するには、一体どんなお手入れをすれば良いのでしょうか。

 

お肌の内側が乾燥いるので、まずは徹底的な保湿が重要になってきます。

 

保湿に使う化粧品は、アルコールフリーのものを選びましょう。

 

アルコールが含まれている化粧品は、肌の乾燥をより一層ひどくしてしまいます。

 

また、保湿といっても目的は「水分補給」。保湿よりも保水性の高さでコスメを選ぶと良いでしょう。

 

肌表面は皮脂がたっぷりで浸透が悪くなってしまっている状態。

 

可能な範囲で導入剤などのブースターを使い、肌への浸透を良くするのもポイントです。

 

保湿以外で気を付けたいのが「皮脂を取らない」こと。

 

日中、テカテカのお肌は嫌だから皮脂を取りたい!と思うかもしれませんが、先ほども書いた通り、皮脂を取れば取るほど、さらに皮脂が分泌されてしまいます。

 

保湿でお肌の調子が落ち着いてくるまでは、皮脂はそのままで我慢しましょう。

 

クレンジングや洗顔でも、皮脂の取りすぎは禁物。

 

洗いすぎず、でも汚れは落とす、というくらいやさしいタッチで洗顔するようにしてみてください。

 

 

 

インナードライ肌は体質に近いものがあるため、根本的な改善には時間がかかります。

 

しかし、真夏の紫外線やエアコンによる乾燥などで夏のインナードライは悪化しがち。

 

「もしかしたらインナードライかも・・・」と思ったときから、お肌のお手入れを始めてみてくださいね。

page top