美肌 習慣

美肌を目指すあなたのための「美肌習慣」特集

うまれついての美肌という人もいますが、多くの人は、「美肌になるための習慣」を毎日コツコツ続けているもの。

 

そこで今回は、美肌になりたいあなたのために「美肌習慣」を集めてみました。

 

肌をこすらない、刺激を与えない

美肌だと言われる人たちの多くが気を付けているのが「なるべく肌をこすらない」という習慣。

 

肌をこすらないことを徹底している人の中には洗顔後、タオルで拭くことさえせずに、濡れた顔に化粧水などでスキンケアをして、そのまま肌になじませてしまうという人もいるほどです。

 

メイク落としのときなど、ポイントメイクを落とすために目元をゴシゴシこすったりしてしまいがちですが、実はそれが、目元のしわやたるみの原因になってしまいます。

 

スキンケアをするときも、クレンジングや洗顔のときにも、できるだけ肌をこすらず、手はのせているくらい、というぐらいの軽いタッチで肌に触れるようにしましょう。

 

また、必要のないときにベタベタとお肌を触ったりするのもNG。

 

肌はこすらない、をまずは基本の習慣にしてしまいましょう。

 

水分補給をしっかりする

美肌になるために肌をこすらない、となると、肌に対して直接働きかけるタイプの習慣では美肌に近づけないということ。

 

美肌は毎日の生活習慣で、体の中から作られていくものなんですね。

 

そこでぜひ心がけてほしいのが「たっぷり水分補給をする」こと。

 

水分補給はできれば水で、ミネラルが豊富なミネラルウォーターなどを飲むと良いでしょう。

 

また、冷たいものを飲んで体を冷やしてしまうと血行が悪くなり、くすみやターンオーバーの乱れにつながります。

 

飲み物は常温か、できれば温かいものを選んで飲むと良いでしょう。

 

お肌に良いビタミンCが豊富なハーブティーなどを飲むのもお勧めです。

 

ストレスをためない生活習慣を

ストレスは吹き出物や肌荒れの原因になることも多いもの。

 

美肌をキープしている人は、たっぷり寝ることや適度な運動など、ストレスをためない生活習慣を身につけていることが多いです。

 

特に質の良い睡眠は美肌にとって欠かせません。

 

ゴールデンタイムは絶対に寝ないといけない、など、厳しいルールはありませんが、睡眠不足にならないようにしっかりと睡眠時間を確保することが大切dす。

 

 

 

食べ物や飲み物、運動や睡眠などの生活習慣についてはよく言われることですが、肌をこすらないというのは初めて聞いたという人もいるのではないでしょうか。

 

お肌のお手入れをするために、お肌に触れることが多くなってしまうという人もいるかもしれませんが、これからはできるだけ「肌をこすらない、刺激を与えない」ことを、ぜひ心がけてみてくださいね。

page top