美肌 コラーゲン 効果

コラーゲンたっぷりの食材を食べることで、お肌プルプル効果はあるの?

女性雑誌で、「コラーゲンたっぷりの食品を食べることで、お肌が若返って、もち肌プルプルになる」と書かれていました。これって本当なんでしょうか?

美しい肌を保つために大切な成分、コラーゲン。

 

肌の強さや弾力に関わるタンパク質で、肌の奥でバネのような働きをして、肌のたるみを防ぐ役割があります。

 

最近では、食べ物やサプリメントでコラーゲンを摂取するのも、当たり前になっていますよね。

 

鶏鍋を食べた次の日は、何だかお肌がプルプルになってる!

 

なんて話も聞きますが、実は、コラーゲンをそのまま食べても、お肌には直接影響がないと言われているんです。

 

・・・これ、実のところはどうなんでしょうか?

 

 

経口摂取したコラーゲンは、一度消化されてアミノ酸になり、小腸から吸収されます。

 

消化・吸収された栄養素は、必要に応じて新しい皮ふや骨、筋肉や脂肪などになりますが、どの成分がどこの部位を作るのかは、体の中で決められるため、摂取したコラーゲンが全部お肌に行きわたるとは限らないのです。

 

そのため、コラーゲンをいくら食べても、美肌になるなんてことはありえない。

 

・・・と、これまでは言われてきました。

 

 

が、しかし。

 

最近の研究成果によって、コラーゲンを多く含む食べ物を摂取することで、お肌がプルプルになる。

 

というのは事実であることが、わかってきたのです!

 

食べ物から摂取したコラーゲンは、前述したとおり、ほとんどが消化されてアミノ酸になります。

 

ところが、摂取したコラーゲンの一部は、消化されずに分解され、コラーゲンペプチドという物質に変わるそうなのです。

 

コラーゲンペプチドは消化されずに血液の中に溶け込み、このコラーゲンペプチドが肌に届けられることで、お肌をプルプルにする効果があることが実験でわかったそうです。

 

とは言え、コラーゲンペプチドそのものが、お肌のコラーゲンを作り出している訳ではありません。

 

コラーゲンペプチドがお肌に届くと、線維芽細胞という、真皮部分の細胞を作る細胞を増やす効果があります。

 

線維芽細胞が増えると、お肌のコラーゲン、エラスチンやヒアルロン酸をたくさん作り出すことができるようになり、お肌の若さが保たれる、という訳です。

 

美肌のために必要な成分を作り出す細胞に刺激を与える、というのが、コラーゲンペプチドの大きな役割なんですね。

 

 

お肌のたるみの原因は、肌のコラーゲンが減少することにあります。

 

若い頃は十分な量のコラーゲンで、肌の弾力が保たれています。

 

しかし、加齢によって、コラーゲンが少しずつ減少し、肌のターンオーバーのリズムが崩れ、肌細胞の質が落ちてくると、肌の弾力がなくなり、たるんだお肌になってしまうのです。

 

 

いつまでもたるみのない、美しいお肌をキープするためには、コラーゲンが必要なのはもちろんですが、やっぱり、バランスの良い食事を摂ることが何よりも大切です。

 

その上で、コラーゲンのサプリメントを摂取したり、コラーゲンが多く含まれる食物を積極的に摂ることは、お肌に良い影響がある、と言うことができそうです。

 

手羽先にうなぎ、フカヒレ、すっぽんなど・・・高価な食材も多いですが、意識して食べてみると、あなたのお肌もプルプルになるかもしれませんよ。

page top