大人ニキビ ニキビ痕 お手入れ

気になる大人ニキビのニキビ痕はどうお手入れすれば良い?

頬にできた大人ニキビが頑固で、次から次へと常にできている状態が続いています。ニキビも気になりますが、ニキビ痕の皮がむけてしまい、カサカサになっているのがとっても目立って気になります。お手入れの仕方など、何か良い方法はないでしょうか?

大人ニキビの原因はいろいろありますが、ニキビ痕がカサカサになる、というのは乾燥が原因の大人ニキビの可能性が高いでしょう。

 

乾燥が原因の大人ニキビは、お肌の油分と水分のバランスの乱れによって、お肌が乾燥することでできるニキビです。

 

お肌の状態がどちらに傾いているかによって、油分が過剰なところは洗顔などで油分のケアを、水分が不足している部分には十分な保湿を行う必要があります。

 

乾燥タイプの大人ニキビは水分不足が大きな原因となるため、まずはしっかりと保湿することを心がけましょう。

 

保湿と言っても乳液やクリームでフタをするよりも、化粧水でたっぷりと水分を与えることが肝心。

 

セラミドやヒアルロン酸など、保水力の高い成分が配合されている化粧水をたっぷり使ってお肌に水分を補給した後、軽めにフタをするのがお勧めです。

 

化粧品はできればオイルフリーのものを使うと良いでしょう。

 

また、皮がむけたり乾燥がひどいときには普段のメイクも肌の負担になっていることが多いです。

 

ファンデーションも油分の多いリキッドは避けて、保湿成分が配合されたパウダータイプのものを選ぶと少しは馴染みも良いかもしれません。

 

気になる部分には指でやさしく乗せるようにすると、痕が目立ちにくくなりますよ。

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

page top