肌 コラーゲン 化粧品 効果

化粧品に含まれる、肌に塗るタイプのコラーゲンって効果はあるの?

コラーゲンが肌に良い、美肌になれるとよく聞きますが、最近、食べるだけじゃなくて肌に塗るタイプのコラーゲンもありますよね。食べるのと塗るのとでは、一体どちらが効果的なんでしょうか?

まず、ご質問にあった「塗るタイプ」のコラーゲン。残念ですが、これはどれだけ塗ったところでコラーゲンを増やすことはできません。

 

なぜかというと、コラーゲンの分子は大きいため肌に浸透しないからです。

 

最近はコラーゲンペプチドやナノコラーゲンという分子の小さいコラーゲンもありますが、コラーゲンが肌の奥に浸透したからと言って、そのコラーゲンが肌に定着して、体内のコラーゲンが増える、ということにはなりません。

 

つまり、外からどれだけコラーゲンを与えても、自分のコラーゲンを増やすことにはならないんですね。

 

では、「美容整形などで使われているコラーゲン注射はどうなるの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、あの手の注射は定期的に行わなければならないことを思い出してください。

 

注射で注入されるコラーゲンは牛のコラーゲンから作られたものが使われています。

 

しかし、コラーゲンは本来、同じタイプのコラーゲンしか受け付けないんですね。

 

つまり、人の体が受け付けるのは人のコラーゲンだけ。最近はフィッシュコラーゲンなども出ていますが、そのコラーゲンが自分の体内にあるコラーゲンを補ってくれることはありません。

 

なので、注射で注入した直後は効果を実感できるかもしれませんが、受け付けられなかったコラーゲンは時間とともに吸収されてなくなってしまうため、定期的に注射をしなければいけなくなる、ということ。

 

注射で入れたコラーゲンが体の中で増えるから調子が良くなる、という訳ではないんですね。

 

 

まして、注射で体内に直接注入しても増えないコラーゲンを、化粧品で肌表面から塗って増やすことができるでしょうか。

 

そんなことは到底無理な話です。

 

加齢とともに少しずつ失われていくコラーゲンですが、その減少を食い止めるには、コラーゲンを生み出してくれるもととなる、女性ホルモンのバランスを整えるなど、体の中から、コラーゲンが増えやすい環境作りをしていくことが重要になってきます。

 

そう考えると、コラーゲンを塗るよりも、体の中でコラーゲンを生み出すことにつながる食品を食べるなどする方が、やっぱり効果的なのではないでしょうか。

 

コラーゲンが豊富に含まれる食品を食べることについては、こちらのQ&Aを参考にしてくださいね。

page top