夏 季節 お手入れ

夏の季節における、お肌のお手入れのポイントはやはり紫外線対策

気温の上昇とともに美肌の大敵である紫外線の量はピークに!

 

日焼け止めはSPF数値の高いものを選ぶようにしましょう。

 

じめっとした梅雨や湿気が多い夏場は、さっぱりタイプの洗顔料を選ぶようにしたいですね。

 

洗顔後に化粧水をたっぷりめにつけて、美容液は必要な部分にのみつけるようにするのが夏場のスキンケアの鉄則です。

 

メイクが落ちにくい化粧品を使用するなら、そのぶん、きちんとしたクレンジングが必要になってくるでしょう。落としムラはお肌のしみの原因になるので注意が必要です。

 

月別お肌のお手入れ方法

6月

6月といえばじめっとした梅雨の季節。気分も憂うつになりがちですが、しっかり抵抗力をつけるようにしましょう。

 

気温の上昇とともに湿気のせいで、お肌がべたつきも気になるシーズン。こまめに汗を押さえるようにしてください。

 

日光の量は少なくても、真夏並みの紫外線スキンケアをするくらいがちょうどいいかもしれません。

 

手や腕なども忘れないでしっかり対策をしましょう。

 

メイクオフは早ければ早いほどいいです。これから夏本番なのでしっかりお肌をいたわってあげるようにしてくださいね。

 

7月

お肌にとっては苦戦を強いられる7月。

 

外では紫外線、内ではエアコン空調……。お肌へのダメージは避けられません。

 

この季節の美肌スキンケア対策のメインは、ターンオーバーを促進してやることになります。

 

肌ががさがさして、潤いが失われてしまうと、ターンオーバーするときの角質の剥がれ落ちかたにかなりのムラが生じます。

 

これはくすみの原因にもなるため注意が必要なんですね。

 

こまめな水分補給で潤いを補ってやり、油分の多いクリームでお肌をやわらかくすることで、ターンオーバーを促してやることができるでしょう。

 

あとは規則正しい生活とバランスのとれた食事、十分な睡眠時間を確保すれば完璧。

 

8月

夏真っ盛りの8月。お肌にとってはハードな季節ですよね。

 

美肌をキープするためには、紫外線をしっかりガードして、肌の新陳代謝を促進させて、潤いを保ち続けるのが大切。

 

とくにこの時期は、「脂性乾燥肌」の方が急増。外気と室温の急激な変化や、空調による乾燥でお肌の状態が不安定になりがちなんですね。

 

Tゾーンは脂性、Uゾーンは乾燥肌という混合肌の方は、いつもよりも多めに化粧水をつけてパッティングするようにしましょう。

 

しっかり毛穴を引き締めることで、肌へのダメージを軽くすることができますよ。

 

気になる部分だけクリームをつけて、潤いをキープするようにすることが大切です。

 

通販で売れているコスメトライアルBEST5!!
売れ筋ランキング

季節にかかわらず、基礎スキンケアの徹底こそ、うるおいとハリを与える秘訣。透明感ある美肌をつくるあなたにピッタリのコスメがここにある!! 売れ筋トライアルセットベスト5をご紹介。

詳細はこちら

page top