見た目年齢 若くしたい

「見た目年齢を若くしたい」というあなたは注目!

見た目年齢は、女性にとって実年齢よりも大切といっていいでしょう。

 

アンチエイジングのため日々、お手入れに勤しんでいる人も多いですが、ただやみくもにケアしてもダメなんですね。実は見た目年齢が若々しく見えるカギは目元が握っているというのはご存知でしょうか?

 

ある化粧品会社の統計によると、世界中の女性の写真を撮影して若々しく見える人と老けて見える人に分けてみたところ、目元が衰えている人が老けてみえることがわかったのです。

 

逆に肌がどんなに衰えていても、目元にハリがあってキリッとしている女性は、それだけで若く見られるのですね。目元の印象は顔全体の印象にとってきわめて重要ですから、しっかりケアしたいところです。

 

しかしながら、目元というのは、皮膚が薄いためダメージが目立ちやすい部位。とくに乾燥・敏感肌になりやすいところといえるでしょう。とくに目元は潤いをしっかりと与えてハリを高めることが若見えへの最短ルートといって過言ではありません。

 

見た目年齢マイナスを目指すために!目元を集中ケアしておくべき理由

 

目周りは皮膚がとても薄い!

目周りの皮膚というのはとにかく薄く、実際に他の肌のパーツと比べても、角層・真皮・表皮いずれも薄く、平均0.6ミリくらいの厚さしかありません。

 

体のなかでもっとも敏感ですから、それだけ肌トラブルが起こりやすいといえるでしょう。

 

まばたきは1日2万回

実は目の周りは、とても動きが多い部位なんですね。人間は1日約2万回ものまばたきをしているといわれています。

 

だからこそ目の付近は疲れやすく、それだけダメージを受けやすかったり、小じわやたるみが現れやすいのです。

 

日本人は西洋人に比べると目が出ている

 

西洋人は二重で彫りが深く、目を開くときにまぶたの皮膚が引き込まれて上にローリングしながら眼球に上がります。

 

そのため摩擦が生じやすくまぶたのたるみや目尻しわが出やすいのです。そして日本人のほうや、一重が多いので、まっすぐまぶたが上がり、摩擦は起こりにくいといえるでしょう。

 

とはいえ骨格より眼球が少し前に出ています。このため目の下の涙袋が膨らみやすいといえるわけですね。そこにハリがなくなってくると目の下のたるみが生じやすいのです。

 

 

とくに目元の敏感・乾燥が気になるあなたはこちらのページで紹介するスキンケア商品がお試ししてみてはいかがでしょうか。見た目年齢を若くしたいあなたは要チェックですよ。

page top