日焼け止め 選び方

シミやくすみを作らないためにこだわりたい、普段使いの日焼け止め選び

こまめなケアで手に入れた白い肌。シミやしわ、くすみの原因にもなる日焼けなんて、絶対にしたくありませんよね。

 

日焼けを防ぐにはさまざまな方法がありますが、一番手っ取り早いのが日焼け止めを使うこと。

 

しかし、しっかりと紫外線を防いでくれる日焼け止めは、肌への刺激や負担も大きいもの。

 

美肌をキープするためには、毎日のように使う普段使いの日焼け止めが肝心なんですね。

 

では、普段使いの日焼け止め選びで気をつけた方が良いのは、一体どんなことなのでしょうか。

 

 

まず、一番のポイントは「ノンケミカルタイプ」の日焼け止めを選ぶこと。

 

ノンケミカルとは、紫外線吸収剤が使われていないという意味です。

 

紫外線吸収剤は肌への刺激となる可能性がある成分なので、できるだけ避けた方が良いでしょう。

 

ノンケミカルのものは「ノンケミカル」または「紫外線吸収剤不使用」という表示があるので、選ぶのは難しくありません。

 

 

そして、乳液かクリームタイプの日焼け止めを選ぶようにしましょう。

 

スプレーやローションなどに比べ、乳液やクリームの日焼け止めは、肌にやさしく刺激が少ないようです。

 

普段の生活は海や山など、特別強い紫外線を浴びるという状況ではないので、日焼け止めはウォータープルーフでなくて十分。

 

クレンジングのときに、肌への負担をできるだけ減らすためにも、落としやすい日焼け止めを使うほうが良いでしょう。

 

 

普段使いの日焼け止めなら、SPFは20程度、PA++ぐらいのもので十分ですが、もともと色白で日焼けをするとすぐに赤くなってしまう人はもう少し強めのものを選ぶと良いかもしれません。

 

また、外で過ごす時間が長いお仕事の方も、少し強め、SPFが30ぐらいを目安にして日焼け止めを選ぶと良いでしょう。

 

 

きれいな白肌をキープするためには、日頃のちょっとした紫外線対策がとっても重要です。

 

これらのポイントを参考にして、肌にやさしく、しっかりと紫外線をブロックできる日焼け止めを選んでみてくださいね。

 

口コミでその効果が話題!! 売れ筋の美白コスメとは?
売れ筋ランキング

メラニンを「つくらせない」「濃くしない」「早く出す」というのが美白コスメの役割。つまり先手必勝のお手入れが、輝きのある透明感あふれたお肌をつくるのです。そんな美白化粧品の売れ筋をご紹介。

詳細はこちら

page top