メラニン

メラニンはどのようにして出来て、肌を黒くするのか?

メラニンはどのようにして出来て、肌を黒くするのかその仕組みを理解できれば、美白ケアへの理解も深まるでしょう。

 

お肌は大きくわけて表皮層と、ハリや弾力のもとになっている真皮層に分かれています。

 

表皮層は、約28日周期で生まれ変わるターンオーバーをひたすら繰り返します。その表皮層のいちばん下部の基底層に、メラニンをつくる細胞「メラノサイト(色素細胞)」が並んでいるのです。

 

メラノサイトの中には、メラニンのもととなる無色のアミノ酸チロシンがあり、チロシナーゼという酵素との酸化反応を経てメラニンへと変化するわけですね。

 

メラニンは黒や褐色ですが、ターンオーバーによって上に押し上げられる過程で、色が薄くなります。

 

しかし、紫外線を浴びることによって薄くなったメラニンは酸化することによって肌が黒く見えてしまうわけです。

 

お肌のターンオーバーが正常であれば、最後にはアカとなってメラニンは排出されるしくみです。

 

口コミでその効果が話題!! 売れ筋の美白コスメとは?
売れ筋ランキング

メラニンを「つくらせない」「濃くしない」「早く出す」というのが美白コスメの役割。つまり先手必勝のお手入れが、輝きのある透明感あふれたお肌をつくるのです。そんな美白化粧品の売れ筋をご紹介。

詳細はこちら

page top