透明肌

どんなにケアしても透明肌になれないのには理由があるからです

透明肌から遠ざかる原因は意外なところに隠れているものなんですね。

 

シミやくすみに悩んでいたり、なかなか美白効果が得られないという人は以下の6つのいずかにあてはまっているのではないでしょうか。

 

紫外線対策が不十分

「短時間だから大丈夫だろう」と、なんおUVケアをしないで外出したり、洗濯物をしたり、お花に水をあげたりしてはいませんか?
短時間でもそれが積もり積もって、確実に紫外線のダメージが蓄積されています。
春から10月までは紫外線は強いです。対策に油断は禁物です。

 

物理的刺激

お肌をこすると、目には見えませんが炎症を起こして色素沈着してしまうのです。
洗顔後、さっぱりして気持ちいいからとゴシゴシ擦っていませんか?
あるいはメイク落としのとき、コットンを使っていませんか?
お肌はあなたが考えている以上にデリケートです。
物理的刺激は透明肌づくりを妨害してしまう大きな要因なんですね。

 

ストレス

ストレスを受けるとホルモンバランスが崩れ、緊張状態が続くため血行不良になりがち。
お肌も疲れやすくなるので、お風呂によくつかって、バランスのとれた食事を心がけましょう。

 

バランスの悪い食事

好きなものを適当に食べていては、透明肌には絶対になれません。
お肌の質は、やはり毎日の食事で決まってくると言っても過言ではないのです。
とくにタンパク質やビタミン、ミネラルは積極的に摂取するように心がけてくださいね。
サプリメントを利用するのもいいでしょう。

 

ホルモンバランスの変化

卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2種類の女性ホルモン分泌のバランスに変化が生じると、色素沈着しやすくなります。
とくに生理の前後は要注意!シミやニキビができやすくなるので、UVケアなどの対策を講じる必要があります。

 

血流が悪い

冷え性の人や運動をまったくしない人、あるいはお風呂ではなくシャワー派の人は、血流が悪くなりがち。
代謝が低下するために、お肌がどんよりくすみやすくなるでしょう。
軽い運動やウォーキングで汗を流して、しっかりお風呂につかって血行を良くしましょう。
血液循環を良くすることが、透明肌への近道になるのです。

 

 

口コミでその効果が話題!! 売れ筋の美白コスメとは?
売れ筋ランキング

メラニンを「つくらせない」「濃くしない」「早く出す」というのが美白コスメの役割。つまり先手必勝のお手入れが、輝きのある透明感あふれたお肌をつくるのです。そんな美白化粧品の売れ筋をご紹介。

詳細はこちら

page top