正式 美白 美容成分

正真正銘の美白美容成分は9つのみ

美白化粧品の目的は、過剰なメラニンをおさえて肌本来の明るさ、白さへと導くことです。

 

数多く販売されている美白化粧品にはいろんな成分が配合されていますよね。

 

なかには聞いたこともないような成分をうたっているものがありますが、正式に認められている美白美容成分というものはあるのでしょうか。

 

実は現在厚生省が認可している美白成分は以下の9つだけなんですね。

 

 

厚生省認可の美白成分

ビタミンC誘導体

ビタミンCを化粧品に配合しやすいように誘導体として安定化させたもの。メラニンの過剰生成をおさえ、黒色メラニンを淡色化する働きも。

 

プラセンタエキス

多種のビタミン、アミノ酸、ミネラル類などを含むブタの胎盤から抽出された成分。保湿や美白効果、チロシナーゼ抑制効果も。

 

コウジ酸

お酒や味噌、しょうゆなどの醸造に使用される麹のコウジ菌で作られた成分。チロシナーゼの作用を鈍らせて、透明感ある肌をつくります。

 

アルブチン

こけももや洋梨から抽出された成分。美白に効果がある、ハイドロキノンの誘導体。

 

カモミラET

ハーブのカモミールに含まれる成分。メラノサイトの増殖を抑制する作用があります。また強力な消炎成分も含みます。

 

ルシノール

北欧のもみの木に含まれる成分から着想をえて作られた成分。メラニン生成を阻止して、チロシナーゼを働きをおさえる効果も期待できます。

 

エラグ酸

ラズベリーやイチゴに含まれる天然フェノール系の抗酸化物質。

 

リノール酸S

紅花油などの植物油から抽出される美白成分。チロシナーゼ酵素をバラバラにして、メラニンが多く作られないようにする働きがある。

 

t-AMCHA、m-トラネキサム酸

抗炎症剤として使用されてきたトラネキサム酸を美白成分として開発。メラノサイトから発信される「メラニンをつくれ」という情報伝達をシャットアウトする。

 

 

口コミでその効果が話題!! 売れ筋の美白コスメとは?
売れ筋ランキング

メラニンを「つくらせない」「濃くしない」「早く出す」というのが美白コスメの役割。つまり先手必勝のお手入れが、輝きのある透明感あふれたお肌をつくるのです。そんな美白化粧品の売れ筋をご紹介。

詳細はこちら

page top